フィンガープリント 咬合補綴科が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Porcine dental epithelial cells differentiated in a cell sheet constructed by magnetic nanotechnology

    Koto, W., Shinohara, Y., Kitamura, K., Wachi, T., Makihira, S. & Koyano, K., 10 13 2017, : : Nanomaterials. 7, 10, 322.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Increase in receptor activator of nuclear factor κb ligand/osteoprotegerin ratio in peri-implant gingiva exposed to Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide

    Shuto, T., Wachi, T., Shinohara, Y., Nikawa, H. & Makihira, S., 3 1 2016, : : Journal of Dental Sciences. 11, 1, p. 8-16 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Release of titanium ions from an implant surface and their effect on cytokine production related to alveolar bone resorption

    Wachi, T., Shuto, T., Shinohara, Y., Matono, Y. & Makihira, S., 1 2 2015, : : Toxicology. 327, p. 1-9 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 43 引用 (Scopus)