フィンガープリント 学際計算科学研究部門が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    データサイエンス時代の科学技術 データをどのように可視化するか?

    Ono, K., 1 31 2020, 23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア: 計算で物事を理科する予測する. 理化学研究所中村特別研究室 (版). 近代科学社, p. 175-186 12 p.

    研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingChapter

    地下水流動シミュレーションへの時間並列計算手法の適用

    Miyagi, M., Yamamoto, H., Takami, T., Iizuka, M., Ono, K. & Nakajima, K., 12 9 2020.

    研究成果: Contribution to conferencePaper

    ChOWDER: A VDA-Based Scalable Display System for Displaying High-Resolution Visualization Results

    Kawanabe, T., Nonaka, J. & Ono, K., 12 16 2019.

    研究成果: Contribution to conferencePoster

    公開

    活動

    • 16 Invited talk
    • 16 Oral presentation
    • 1 ワークショップ、セミナー、コースへの参加

    Trying to accelerate many small BLAS calculations on GPU

    Satoshi Ohshima (Speaker)

    2 16 2019

    活動: Oral presentation

    データから方程式を求める

    Kenji Ono (Speaker)

    9 18 2019

    活動: Invited talk

    報道機関/マスコミ

    放送大学DVD教材

    Kenji Ono

    11/6/18

    1 マスコミの寄稿

    報道機関/マスコミ: Press / Media

    報奨

    Compression-based Integral Curve Data Reuse Framesork for Flow Visualization

    Fan Hong (Recipient), Hanqi Guo (Recipient), Chongke Bi (Recipient), Ono, Kenji (Recipient) & Xiaoru Yuan (Recipient), 7 22 2016

    報奨: Prize

  • Numerical Study of Air Flow Characteristics in a Compact Cyclone Separator for Fuel Cell Vehicles

    Ryuji Furukawa (Recipient), Atsushi Tsurumaru (Recipient), Keisuke Terada (Recipient), Mizue Munekata (Recipient), Hiroyuki Yoshikawa (Recipient), Ono, Kenji (Recipient) & Takashi Watanabe (Recipient), 12 13 2019

    報奨: Other distinction