研究成果 1991 2019

フィルター
論文
2019

Collecting Performance in a Cyclone Separator with a Hemispherical Head

Ono, K., Munekata, M. & Watanabe, T., 7 10 2019.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

サイクロンセパレータ内における 100 億規模の並列粒子追跡

Ono, K., Munekata, M. & Watanabe, T., 9 16 2019. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

シミュレーションデータを用いた基礎方程式の推定

Ono, K. & Koga, I., 9 3 2019.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

データを記述する方程式の推定

Ono, K. & Koga, I., 5 30 2019.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

移流問題に対するParareal法による時間並列計算の収束性向上手法の評価

Ono, K. & Iizuka, M., 5 30 2019.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2018

Design of an In Transit Framework with Staging Buffer for Flexible Data Processing and Visualization of Time-Varying Data

Ono, K., Nonaka, J., Morie, Y., Nanri, T. & Kawanabe, T., 6 28 2018. 12 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

PMlibを用いた計算性能測定と性能可視化手法

Mikami, K. & Ono, K., 2 21 2018, p. 1-5. 5 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

公開

スレッド性能測定機能を備えた性能モニタライブラリPMlib

Ono, K. & Mikami, K., 12 12 2018.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

移流問題に対するParareal法による時間並列計算の収束挙動

Ono, K. & Iizuka, M., 12 11 2018.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2017

Analyzing the I/O Performance of Post-Hoc Visualization of Huge Simulation Datasets on the K Computer

Inacio, E. C., Nonaka, J., Ono, K. & Dantas, M., 10 17 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Flexible Fiber Surface : A Reeb-Free Approach

Sakurai, D., Ono, K., Carr, H., Nonaka, J. & Kawanabe, T., 2 27 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

フェーズフィールド法に対するParareal法による時間並列計算の収束挙動

Iizuka, M. & Ono, K., 12 13 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

準第一原理計算に基づく壁モデル構築への試み

Uzawa, K., Kato, C. & Ono, K., 3 27 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

全体俯瞰分析を用いた着想支援とビッグデータ分析への応用: WC2-3

Ono, K. & Kawanabe, T., 12 13 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

領域分割に起因する性能劣化とその改善

Ono, K., 12 12 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

嗅動作時における鼻腔内流れのボクセルシミュレーション

Kimura, Y., Kimura, S., Tanaka, G., Sera, T. & Ono, K., 2 3 2017.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2016

Integrated Volume Visualization Environment on the Web, Lightning presentation

Shimizu, T., Sakamoto, N., Nonaka, J., Ono, K. & Koyamada, K., 11 13 2016.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Web-based Visualization System for Large-Scale Volume Datasets

Shimizu, T., Sakamoto, N., Nonaka, J., Ono, K. & Koyamada, K., 10 27 2016.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

ドーム型サイクロンセパレータ内における気流の流動特性

Narita, A., Machida, K., Egawa, S., Munekata, M., Yoshikawa, H., Ono, K. & Watanabe, T., 9 10 2016.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

鼻腔内遷移流れの数値シミュレーション: 1B45

清水駿, 木村真也, Tanaka, G., 世良俊博, 横田秀雄 & 小野謙二, 1 9 2016, p. 1-5. 5 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

velocity profile
cavity
inflow
simulation
steady flow

時間並列計算法の研究開発動向及び将来展望

飯塚幹夫, 小野謙二 & 加藤千幸, 10 10 2015, p. 1-3. 3 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

鼻腔内遷移流れの数値シミュレーション: G0200102

清水駿, 木村真也, Tanaka, G., 世良俊博, 横田秀雄 & 小野謙二, 9 13 2015, p. 1-4. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

velocity distribution
cavities
mesh
simulation
tomography
2014

Voxel-based simulation of air-conditioning in the human nasal cavity

Tanaka, G., Araki, F., Shimizu, S., Sera, T., Yokota, H. & Ono, K., 1 1 2014.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

air conditioning
Air conditioning
cavities
Flow structure
Vorticity
2013

An Approach to Safe Off-Site Backup Utilizing Secret Sharing Scheme and Storage Virtualization

Amano, H., Dohi, Y. & Ikeda, H., 11 2013.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Fluids
Computational fluid dynamics
Processing
Dynamic analysis
Costs

生命体統合シミュレーションでの並列処理ミドルウェアSPHEREの開発と適用

野田茂穂, 杉山和靖, 川島康弘, 小野謙二, 高木周 & 姫野龍太郎, 9 8 2013, p. 1-4. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Parallel processing systems
Middleware
Software engineering
Blood
Physics
2012
1 引用 (Scopus)

SSG-AT: An auto-tuning method of sparse matrix-vector multiplicataion for semi-structured grids-An adaptation to openfoam

Ito, S., Ohshima, S. & Katagiri, T., 12 1 2012, p. 191-197. 7 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Tuning
Supercomputers
Middleware
Computational fluid dynamics

鼻腔内気流と粘膜血管間の熱伝達に関するボクセルシミュレーション(A1-2 生体流体工学2)

荒木冬人, 水谷崇志, Tanaka, G., 世良俊博, 横田秀夫, 小野謙二 & 高木周, 10 4 2012, p. 21-22. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

流体流れ場可視化におけるユーザの視線の利用

茅暁陽, 渡辺大介 & 小野謙二, 5 2012, p. 4p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2009

F0501(7) 理研VCADプロジェクトの流体解析システムの概要: ([F0501]ベンチャーCFDソフトの展開,先端技術フォーラム)

野田茂穂, 小野謙二, 大原敏靖, 先崎毅 & 小山隆史, 9 12 2009, p. 167-168. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

セマンティックログを用いた可視化システム診断のすすめ

長澤幹夫, 森田秀和, 黒川原佳 & 小野謙二, 7 1 2009, p. 55-56. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

高密度焦点式超音波療法において組織の加熱凝固が音場に与える影響

沖田浩平, 杉山和靖 & 小野謙二, 5 2009, p. 37-40. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

2007

pFTTデータ構造のライブラリ実装と性能評価

玉木剛, 岩田正子 & 小野謙二, 5 2007, p. 537-540. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

陰関数形状表現を用いたボクセル解析

白崎実, 小野謙二 & 大竹豊, 5 2007, p. 759-762. 4 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

高密度焦点式超音波療法の支援に向けたシミュレーション技術開発: 2301 (OS23.生命体統合シミュレーション(1))

沖田浩平, 小野謙二, 高木周 & 松本洋一郎, 11 25 2007, p. 183-184. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

therapy
bones
cancer
fats
liver
2006

陰関数形状表現を用いた熱流体ボクセル解析: (大規模数値解析(1),OS11 大規模数値解析)

白崎実, 小野謙二 & 大竹豊, 12 2006, p. 227-228. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

公開
Fluids
Flow of fluids
Heat transfer
Hot Temperature
2005

医療画像に基づく脳血管血流シミュレーション

野田, 姫野龍太郎, 小野謙二 & 石川正昭, 2005, p. 139-140. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

陰関数表現を用いた直交格子流体ソルバーにおける移動境界の取り扱い(S09 直交適合格子による計算手法)

白崎実, 小野謙二, 大竹豊 & 野田茂穂, 9 18 2005, p. 85-86. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Data structures
2003

液滴空気混相流の数値計算によるウォーターミスト消火特性の解析

福多将人, 小野謙二 & 松本洋一郎, 8 5 2003, p. 243-244. 2 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Fog
Fires
Gases
Water
Cooling
2000
Circular cylinders
Flow fields
Computational fluid dynamics
Vortex flow
Reynolds number

Dynamic performance optimization mechanism for parallel object-oriented database programming languages

Kimura, K., Amano, H. & Makinouchi, A., 1 1 2000, p. 405-409. 5 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Computer programming languages
Topology
Data storage equipment
Degradation
Communication
1997
1 引用 (Scopus)

Design and evaluation of the mechanism for object references in a parallel object-oriented database system

Imasaki, K., Ono, T., Horibuchi, T., Makinouchi, A. & Amano, H., 12 1 1997, p. 337-346. 10 p.

研究成果: 会議への寄与タイプ論文

Parallel programming
Computer programming languages
Object-oriented databases