フィンガープリント 共同研究部門が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • プロファイル

    研究成果

    Sensitive chromogenic substrate for detecting peroxidase activity

    Mizoguchi, M., Ishiyama, M., Shiga, M. & Sasamoto, K., 1 1 1998, : : Analytical Communications. 35, 6, p. 179-181 3 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 9 引用 (Scopus)
  • 12 引用 (Scopus)