フィンガープリント 言語情報学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロジェクト

    平成30 年度Progress100(世界トップレベル研究者招へいプログラム)

    Laker, S., Mailhammer, R. & Tanaka, T.

    4/2/183/31/19

    プロジェクト: 研究プロジェクト

    研究成果

    Cross-Linguistic Investigation of Projection in Overlapping Agreements to Assertions: Stance-Taking as a Resource for Projection.

    Vatanen, A., Endo, T. & Yokomori, D., 2020, (受理済み/印刷中) : : Discourse Processes.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • コンパクトな大学学術英作文・プレゼンテーション教材の試み

    鈴木右文, 横森大輔, 田中俊也, 大橋浩, オドワイヤー, ., レイカー, ., ハズウェル, . & 浜本裕美, 2020, : : 言語科学. 55, p. 19-26 8 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    活動

    • 3 Oral presentation

    報道機関/マスコミ

    BBIQモーニングビジネススクール

    Yubun Suzuki

    4/15/07

    1 マスコミの寄稿

    報道機関/マスコミ: Press / Media

    報奨

    情報文化学会学会賞

    Suzuki, Yubun (Recipient), 9 4 2004

    報奨: Prize