研究成果

1フレーズ デ 2コ オボエル TOEIC テスト エイタンゴ ワード コネクト

旺文社 & 内田諭, 2015, 旺文社.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

1フレーズで2コ覚えるTOEFLテスト英単語ワードコネクト

旺文社 & 内田諭, 2015, 旺文社.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

3次元仮想空間チャットシステムによる英語授業の試行

鈴木右文, 8 2000, : : 言語文化論究. 12, p. 105-125 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Against an Afterthought Analysis of Extraposition from NP

Suzuki, Y., 2002, : : 言語科学. 37, p. 1-10 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

AME/AMABAのアスペクト対立に基づく諸解釈について

山村., 1995, : : 言語科学. 30, p. 113-139 27 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

A morphological conflation approach to the historical development of preterite-present verbs: old English, proto-Germanic, and proto-Indo-European

田中俊也, 3 20 2011, Hana-shoin. (九州大学大学院言語文化研究院FLC叢書, 2)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

公開

An extension of feature-inheritance

Otsuka, T., 1 1 2014, : : English Linguistics. 31, 2, p. 509-544 36 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開

A Passage to English: 大学生のための基礎的英語学習情報

Tokumi, M. (版), Rawlings, P. (版), Otsu, T. (版) & Suzuki, Y. (版), 10 25 2000, Kyushu University Press.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

A System with Less Extendive Barriers

Suzuki, Y., 11 1987, : : Metropolitan Linguistics. 7, p. 53-66

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Automated generation of coding rules: Text-mining approach to ISO 26000

Nakatoh, T., Uchida, S., Ishita, E. & Oga, T., 8 31 2016, Proceedings - 2016 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2016. Hiramatsu, A., Matsuo, T., Kanzaki, A. & Komoda, N. (版). Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., p. 154-158 5 p. 7557594. (Proceedings - 2016 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2016).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

Before節の完了形: その法的表現としての地位に関する考察

Eguchi, T., 1989, 英語学の視点: 大江三郎先生追悼論文集. 九州大学出版会, p. 141-157 17 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

CALLでのコンスタントな英語自律学習と試験結果との関係

鈴木右文, 3 31 2009, : : 言語科学. 44, p. 83-92 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

canté/cantabaのアスペクト対立に基づく解釈をめぐって

山村., 1996, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 1996, 40, p. 48-62 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

canteと事行の時間構造

山村., 1996, : : 独仏文學研究. 46, p. 113-133 21 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

canté形, cantaba形と時間的限定性

山村., 1997, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 1997, 41, p. 53-66 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

CANの核意味構造について--意味変化の観点から

田中俊也, 3 15 1990, : : 鹿児島大学教育学部研究紀要 人文社会科学編. 41, p. p175-192 18 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Características y función de la perífrasis "estar+gerundio"

Yamamura, H., 5 2017, : : ロマンス語研究. 50, p. 11-20 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Case-marking of the Subject in NP-ing

Suzuki, Y., 11 1988, : : Metropolitan Linguistics. 8, p. 1-12

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

CEFR-based lexical simplification dataset

Uchida, S., Takada, S. & Arase, Y., 1 1 2019, LREC 2018 - 11th International Conference on Language Resources and Evaluation. Isahara, H., Maegaard, B., Piperidis, S., Cieri, C., Declerck, T., Hasida, K., Mazo, H., Choukri, K., Goggi, S., Mariani, J., Moreno, A., Calzolari, N., Odijk, J. & Tokunaga, T. (版). European Language Resources Association (ELRA), p. 3254-3258 5 p. (LREC 2018 - 11th International Conference on Language Resources and Evaluation).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

Celtic influence on Old English vowels: A review of the phonological and phonetic evidence

Laker, S., 9 1 2019, : : English Language and Linguistics. 23, 3, p. 591-620 30 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

4 引用 (Scopus)

COORDINATION OF PATH PHRASES IN ENGLISH

Eguchi, T., 2002, : : EL. 19, 2, p. 142-160 19 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

David Lightfoot,<I>How to Set Parameters:Arguments from Language Change</I>

田中俊也, 6 26 1993, : : Studies in Modern English. 1993, 9, p. 81-86 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Detecting early stage dementia based on natural language processing

Shibata, D., Ito, K., Wakamiya, S. & Aramaki, E., 1 1 2019, : : Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence. 34, 4

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開

'Drift'を考える

飯田秀敏 & 田中俊也, 10 15 1985, : : 言語文化論集. 7, 1, p. 19-52 34 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

El adverbio siempre y las dos formas verbales del pasado

Yamamura, H., 2003, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 2003, 47, p. 74-89 16 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

El concepto de predicado de estadio y la ensenanza de los verbos atributivos: tratamiento alternativo de la oposicion ser y estar

Morimoto, Y., Omori, H. & Yamamura, H., 2009, : : スペイン語学研究. 24, p. 51-73 23 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

estar+gerundioの記述と考察(下) (有村隆廣教授退官記念号)

山村., 2000, : : 独仏文學研究. 50, p. 7-28 22 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

estar+gerundioの記述と考察(上)

山村., 2000, : : 言語文化論究. 11, p. 141-163 23 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

estar siendoについて

山村., 2001, : : 言語文化論究. 14, p. 143-168 26 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Frisians and Their North Sea Neighbours: From the Fifth Century to the Viking Age (review)

Laker, S., 2019, : : Speculum. 94, 3, p. 842-844

研究成果: ジャーナルへの寄稿著書/映画/記事の評論

From justification to modulation: Similarities and differences of after all and datte

Otsu, T., 12 31 2018, : : Pragmatics and Cognition. 25, 2, p. 337-362 26 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

From Possibility/Necessity to Necessity/Possibility Modals--Evidence from Germanic Languages

田中俊也, 3 1 1989, : : 英語英文学論集. 20, p. p111-132

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

futuroとpréterito perfecto simple / préterito imperfectoの関係:機能的対比の観点から

山村., 2004, : : HISPANICA / HISPÁNICA. 2004, 48, p. 31-47 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Gmc. *kann 'know' Revisited: A Possible New Explanation

Tanaka, T., 2 29 2000, : : 言語科学. 35, p. 1-13 13 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事