口腔顎顔面病態学

フィンガープリント 口腔顎顔面病態学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Activated M2 Macrophages Contribute to the Pathogenesis of IgG4-Related Disease via Toll-like Receptor 7/Interleukin-33 Signaling

    Ishiguro, N., Moriyama, M., Furusho, K., Furukawa, S., Shibata, T., Murakami, Y., Chinju, A., Haque, A. S. M. R., Gion, Y., Ohta, M., Maehara, T., Tanaka, A., Yamauchi, M., Sakamoto, M., Mochizuki, K., Ono, Y., Hayashida, J. N., Sato, Y., Kiyoshima, T., Yamamoto, H. および2人, Miyake, K. & Nakamura, S., 1 1 2020, : : Arthritis and Rheumatology. 72, 1, p. 166-178 13 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 3 引用 (Scopus)
    公開