口腔機能修復学

フィンガープリント 口腔機能修復学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    公開
  • Anti-inflammatory effects of miRNA-146a induced in adipose and periodontal tissues

    Sanada, T., Sano, T., Sotomaru, Y., Alshargabi, R., Yamawaki, Y., Yamashita, A., Matsunaga, H., Iwashita, M., Shinjo, T., Kanematsu, T., Asano, T. & Nishimura, F., 7 2020, : : Biochemistry and Biophysics Reports. 22, 100757.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • Behavioural response of cells and bacteria on single and multiple doped Sr and Ag S53P4 sol-gel bioglass

    Swe, T. T., Shariff, K. A., Mohamad, H., Ishikawa, K., Hayashi, K. & Abu Bakar, M. H., 8 1 2020, : : Ceramics International. 46, 11, p. 17881-17890 10 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle