フィンガープリント 病態制御が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    研究成果

    A case of diffuse midline glioma, H3 K27M mutant mimicking a hemispheric malignant glioma in an elderly patient

    Fujioka, Y., Hata, N., Hatae, R., Suzuki, S. O., Sangatsuda, Y., Nakahara, Y., Mizoguchi, M. & Iihara, K., 2 1 2020, : : Neuropathology. 40, 1, p. 99-103 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Accumulation of Astrocytic Aquaporin 4 and Aquaporin 1 in Prion Protein Plaques

    Sadashima, S., Honda, H., Suzuki, S. O., Shijo, M., Aishima, S., Kai, K., Kira, J. & Iwaki, T., 4 1 2020, : : Journal of neuropathology and experimental neurology. 79, 4, p. 419-429 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Clinicopathological findings of limited dorsal myeloschisis associated with spinal lipoma of dorsal-type

    Murakami, N., Morioka, T., Suzuki, S. O., Mukae, N., Shimogawa, T., Matsuo, Y., Sasaguri, T. & Mizoguchi, M., 9 2020, : : Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management. 21, 100781.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 活動

    • 1 編集活動

    Neuropathology (Journal)

    Toru Iwaki (Editor in chief)

    10 1 201112 31 2017

    活動: 編集活動