油症ダイオキシン研究診療センター

フィンガープリント 油症ダイオキシン研究診療センターが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    A case of overlapping adult-onset linear scleroderma and Parry-Romberg syndrome presenting with widespread ipsilateral neurogenic involvement

    Yamasaki, R., Yonekawa, T., Inamizu, S., Shinoda, K., Ochi, H., Matsushita, T., Isobe, N., Tsuji, G., Sadashima, S., Kuma, Y., Oda, Y., Iwaki, T., Furue, M. & Kira, J. I., 2 1 2020, : : Neuropathology. 40, 1, p. 109-115 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 公開
  • Implications of IL-13Rα2 in atopic skin inflammation

    Furue, M., Ulzii, D., Nakahara, T., Tsuji, G., Furue, K., Hashimoto-Hachiya, A. & Kido-Nakahara, M., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Allergology International.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

    公開