Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 2007 2017

ドイツ語学習と短期間の研修旅行: 研究旅行の充実化を目指して

カスヤン, ., 9 1 2017, : : 言語文化論究. 39, p. 21-31 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

ドイツ語学習と短期間の研修旅行: 研修旅行の充実化を目指して

Kasjan, A., 2017, : : 言語文化論究. 39, p. 21-31 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Das Mobiltelefon als Mittel zum Fremdsprachenlernen: Zur Entwicklung eines Lernmoduls für japanische FL2-Lerner

Kasjan, A., 2016, IDT 2013 Band 6 − Sektionen F2, F3, F4 Medien in Kommunikation und Unterricht. p. 17-30 24 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献章 (査読済み)

ウェブ教材『CALL ドイツ語』を利用したドイツ語授業

Kasjan, A., 2012, : : 言語文化論究. 28, p. 105-119 25 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

多言語学術プレゼンテーション

「プレゼンコンテストを利用した外国語教育」プロジェクトチーム, 井上奈良彦, 曺美庚, 秋吉收, 板橋義三, Kasjan, A., 高橋勤, 田中陽子 & 山村., 2010, 九州大学大学院言語文化研究院 : 九州大学高等教育開発推進センター.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

活動 2014 2015

  • 3 Oral presentation

Kurzpraktikum in Deutschland

Andreas Kasjan (Speaker)
11 28 2015

活動: Oral presentation

Things to be achieved – achievable things

Andreas Kasjan (Speaker)
10 24 2015

活動: Oral presentation