• 2258 引用
  • 25 h指数
1983 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Annaka Masahikoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Biophysics at Kyushu University

Akiyama, R., Annaka, M., Kohda, D., Kubota, H., Maeda, Y., Matsumori, N., Mizuno, D. & Yoshida, N., 4 1 2020, : : Biophysical Reviews. 12, 2, p. 245-247 3 p.

研究成果: Contribution to journalComment/debate

1 引用 (Scopus)

Gelation of fish gelatin studied by multi-particle tracking method

Maki, Y. & Annaka, M., 4 2020, : : Food Hydrocolloids. 101, 105525.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 1 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)

    Stretching PEO-PPO Type of Star Block Copolymer Gels: Rheology and Small-Angle Scattering

    Mortensen, K. & Masahiko, A., 12 18 2018, : : ACS Macro Letters. 7, 12, p. 1438-1442 5 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 4 引用 (Scopus)

    Friction Coefficient of Well-Defined Hydrogel Networks

    Fujiki, M., Ito, M., Mortensen, K., Yashima, S., Tokita, M. & Annaka, M., 1 26 2016, : : Macromolecules. 49, 2, p. 634-642 9 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 16 引用 (Scopus)