Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 1983 2019

フィルター
レター
1992
17 引用 (Scopus)

Volume Phase Transitions of Gels in Hydrocarbons

Masahiko, A., Tanaka, T. & Osada, Y., 8 1 1992, : : Macromolecules. 25, 18, p. 4826-4827 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿レター

1985
33 引用 (Scopus)

Enantiodivergent total syntheses of (—)-nanaomycin D and its enantiomer, (+)-kalafungin

Tatsuta, K., Akimoto, K., Masahiko, A., Ohno, Y. & Kinoshita, M., 1 1 1985, : : Journal of Antibiotics. 38, 5, p. 680-682 3 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿レター