• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20032020

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究の対象

At the center of my research is the employment of artifacts in space, especially site planning and interior decoration in the widest sense as well as depictions of works of architecture in painting, during the late medieval and early modern periods. This focus is accompanied by a strong interest in issues of materiality, manufacturing technologies, and temporality. A second area of interest comprises manifestations of otherness (depictions of Asian, African, and European foreigners; courtesans; and samurai), transcultural picture migration, and export art (especially lacquer).

学歴

East Asian Art History, Dr. Phil.

7 1 20062 20 2010

研究費支給日: 2 20 2010

Japanese Studies, MA, LMU München

11 1 19957 20 2002

研究費支給日: 7 20 2002

フィンガープリント

Anton Schweizerが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 4 類似のプロファイル
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。