• 3234 引用
  • 22 h指数
20022020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Atsunobu Takedaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 10 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 3234 引用
  • 22 h指数
  • 42 記事
  • 2 評論記事
  • 1 コメント/討論
  • 1 レター

Variants in IL23R-C1orf141 and ADO-ZNF365-EGR2 are associated with susceptibility to Vogt-Koyanagi-Harada disease in Japanese population

Sakono, T., Meguro, A., Takeuchi, M., Yamane, T., Teshigawara, T., Kitaichi, N., Horie, Y., Namba, K., Ohno, S., Nakao, K., Sakamoto, T., Sakai, T., Nakano, T., Keino, H., Okada, A. A., Takeda, A., Ito, T., Mashimo, H., Ohguro, N., Oono, S. および5人, Enaida, H., Okinami, S., Horita, N., Ota, M. & Mizuki, N., 5 2020, : : PloS one. 15, 5, e0233464.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Association Study of ARMC9 Gene Variants with Vogt-Koyanagi-Harada Disease in Japanese Patients

    Ohno, T., Meguro, A., Takeuchi, M., Yamane, T., Teshigawara, T., Kitaichi, N., Horie, Y., Namba, K., Ohno, S., Nakao, K., Sakamoto, T., Sakai, T., Nakano, T., Keino, H., Okada, A. A., Takeda, A., Fukuhara, T., Mashimo, H., Ohguro, N., Oono, S. および3人, Enaida, H., Okinami, S. & Mizuki, N., 1 1 2019, : : Ocular Immunology and Inflammation. 27, 5, p. 699-705 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • The effectiveness of adalimumab treatment for non-infectious uveitis

    Hasegawa, E., Takeda, A., Yawata, N. & Sonoda, K. H., 4 3 2019, : : Immunological Medicine. 42, 2, p. 79-83 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

    公開
  • Crucial role of P2X7 receptor for effector T cell activation in experimental autoimmune uveitis

    Takeda, A., Yamada, H., Hasegawa, E., Arima, M., Notomi, S., Myojin, S., Yoshimura, T., Hisatomi, T., Enaida, H., Yanai, R., Kimura, K., Ishibashi, T. & Sonoda, K. H., 5 1 2018, : : Japanese Journal of Ophthalmology. 62, 3, p. 398-406 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)