• 17074 引用
  • 64 h指数
1979 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Atsushi Takaharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 19 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Crystal polymorphism of polylactide and its composites by X-ray diffraction study

Hsieh, Y. T., Nozaki, S., Kido, M., Kamitani, K., Kojio, K. & Takahara, A., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Polymer Journal.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Enhancing viscoelastic and mechanical performances of natural rubber through variation of large and small rubber particle combinations

    Sriring, M., Nimpaiboon, A., Kumarn, S., Takahara, A. & Sakdapipanich, J., 1 2020, : : Polymer Testing. 81, 106225.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Film formation process of natural rubber latex particles: roles of the particle size and distribution of non-rubber species on film microstructure

    Sriring, M., Nimpaiboon, A., Kumarn, S., Higaki, K., Higaki, Y., Kojio, K., Takahara, A., Ho, C. C. & Sakdapipanich, J., 5 5 2020, : : Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 592, 124571.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Fluoropolymer Nanoparticles Prepared Using Trifluoropropene Telomer Based Fluorosurfactants

    Ma, W., Lopez, G., Ameduri, B. & Takahara, A., 2 25 2020, : : Langmuir. 36, 7, p. 1754-1760 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 公開