• 1166 引用
  • 19 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Atsuta Ikiruが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Effect of titanium or zirconia implant abutments on epithelial attachments after ultrasonic cleaning

Hu, J., Ikiru, A., Ayukawa, Y., Zhou, T., Narimatsu, I. & Koyano, K., 7 2020, : : Journal of Oral Science. 62, 3, p. 331-334 4 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開
  • 公開
  • Preventive effect of fluvastatin on the development of medication-related osteonecrosis of the jaw

    Adachi, N., Ayukawa, Y., Yasunami, N., Furuhashi, A., Imai, M., Sanda, K., Atsuta, I. & Koyano, K., 12 1 2020, : : Scientific reports. 10, 1, 5620.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • Effect of a Single Injection of Benidipine-Impregnated Biodegradable Microcarriers on Bone and Gingival Healing at the Tooth Extraction Socket

    Imai, M., Ayukawa, Y., Yasunami, N., Furuhashi, A., Takemura, Y., Adachi, N., Hu, J., Zhou, X., Moriyama, Y., Atsuta, I., Kurata, K. & Koyano, K., 3 2019, : : Advances in Wound Care. 8, 3, p. 108-117 10 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • Effect of hydrothermal treatment with distilled water on titanium alloy for epithelial cellular attachment

    Sakamoto, Y., Ayukawa, Y., Furuhashi, A., Kamo, M., Ikeda, J., Atsuta, I., Haraguchi, T. & Koyano, K., 2019, : : Materials. 12, 7, 2748.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 1 引用 (Scopus)