• 0 引用
  • 0 h指数
20002017
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

Fingerprint Chiharu Ogaが取り組む研究トピックをご確認ください。これらのトピックラベルは、この人物の研究に基づいています。これらを共に使用することで、固有の認識が可能になります。

China Social Sciences
teaching materials Social Sciences
vocabulary Social Sciences
conversation Social Sciences
cause Social Sciences
student Social Sciences
foreign student Social Sciences
studies (academic) Social Sciences

研究成果 2000 2017

多義動詞を中心語とするコロケーションの習得

大神智春, 4 2017, : : 日本語教育 = Journal of Japanese language teaching. 166, p. 47-61 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

使って身につく漢字語彙 vol.2: Basic Kanji Workbook vol.2

Oga, C., 清水百合, 菊池富美子 & 川村千絵, 10 2016, 凡人社.

研究成果: 著書/レポートタイプ著書

漢字語彙の運用力養成を目指した教材開発に向けての一考察: 中級学習者の共起表現の使用

大神智春, 清水百合, 卢丽 & 金英淑, 2012, : : 九州大学留学生センター紀要. 20, p. 47-54 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

漢字教材を作る

関正昭, 土岐哲, 平高史也, 加納千恵子, 大神智春, 清水百合, 郭俊海, 石井奈保美, 谷部弘子 & 石井恵理子, 2011, スリーエーネットワーク. (日本語教育叢書「つくる」)

研究成果: 著書/レポートタイプ著書