• 0 引用
  • 0 h指数
19992017
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 1999 2017

フィルター
記事
2017

多義動詞を中心語とするコロケーションの習得

大神智春, 4 2017, : : 日本語教育 = Journal of Japanese language teaching. 166, p. 47-61 15 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2012

漢字語彙の運用力養成を目指した教材開発に向けての一考察: 中級学習者の共起表現の使用

大神智春, 清水百合, 卢丽 & 金英淑, 2012, : : 九州大学留学生センター紀要. 20, p. 47-54 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2010

漢字語彙の運用力の養成に焦点を当てた教材の開発

大神智春 & 清水百合, 3 27 2010, : : 日本語教育方法研究会誌. 17, 1, p. 66-67 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

teaching materials
vocabulary
foreign student
studies (academic)
shortage
2008
2007
2006

中国人日本語学習者の発話における結束性

大神智春, 2006, : : 九州大学留学生センター紀要. 15, p. 75-83 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2005

中国人学習者の発話における反復と省略の問題

大神智春, 2005, : : 九州大学留学生センター紀要. 14, p. 1-10 10 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2004
conversation
China
cause
discourse
2001

中国人学習者の日本語文構造習得過程

大神智春, 2001, : : 九州大学留学生センター紀要. 11, p. 55-68 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

2000

中国で学習する学習者の日本語習得過程: 文構造習得の視点から

大神智春, 9 16 2000, : : 日本語教育方法研究会誌. 7, 2, p. 4-5 2 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

China
student
examination
1999

タスク形式の違いによる中間言語の可変性

大神智春, 1999, : : 第二言語としての日本語の習得研究. 3, p. 94-110 17 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事