• 1426 引用
  • 13 h指数
20022019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Daiji Sakataが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1426 引用
  • 13 h指数
  • 17 記事
  • 2 評論記事

S100A4 Protein Is Essential for the Development of Mature Microfold Cells in Peyer's Patches

Kunimura, K., Sakata, D., Tun, X., Uruno, T., Ushijima, M., Katakai, T., Shiraishi, A., Aihara, R., Kamikaseda, Y., Matsubara, K., Kanegane, H., Sawa, S., Eberl, G., Ohga, S., Yoshikai, Y. & Fukui, Y., 11 26 2019, : : Cell Reports. 29, 9, p. 2823-2834.e7

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Selective role of neurokinin B in IL-31–induced itch response in mice

    Sakata, D., Uruno, T., Matsubara, K., Andoh, T., Yamamura, K., Magoshi, Y., Kunimura, K., Kamikaseda, Y., Furue, M. & Fukui, Y., 10 1 2019, : : Journal of Allergy and Clinical Immunology. 144, 4, p. 1130-1133.e8

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
    4 引用 (Scopus)

    DOCK1 inhibition suppresses cancer cell invasion and macropinocytosis induced by self-activating Rac1P29S mutation

    Tomino, T., Tajiri, H., Tatsuguchi, T., Shirai, T., Oisaki, K., Matsunaga, S., Sanematsu, F., Sakata, D., Yoshizumi, T., Maehara, Y., Kanai, M., Cote, J. F., Fukui, Y. & Uruno, T., 2 26 2018, : : Biochemical and Biophysical Research Communications. 497, 1, p. 298-304 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 9 引用 (Scopus)

    The rac activator DOCK2 mediates plasma cell differentiation and IgG antibody production

    Ushijima, M., Uruno, T., Nishikimi, A., Sanematsu, F., Kamikaseda, Y., Kunimura, K., Sakata, D., Okada, T. & Fukui, Y., 2 16 2018, : : Frontiers in Immunology. 9, FEB, 243.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    DOCK8 protein regulates macrophage migration through Cdc42 protein activation and LRAP35a protein interaction

    Shiraishi, A., Uruno, T., Sanematsu, F., Ushijima, M., Sakata, D., Hara, T. & Fukui, Y., 2 10 2017, : : Journal of Biological Chemistry. 292, 6, p. 2191-2202 12 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 8 引用 (Scopus)