• 831 引用
  • 16 h指数
1980 …2019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Eiiti Kasuyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 831 引用
  • 16 h指数
  • 73 Article
  • 1 Comment/debate
  • 1 Editorial
  • 1 Letter

Individual and sexual differences in time to habituate to food-stimuli presentation of potential prey in hyla japonica

Tanabe, S., Kasuya, E. & Miyatake, T., 2 2019, : : Current Herpetology. 38, 1, p. 14-22 9 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • On the use of r and r squared in correlation and regression

    Kasuya, E., 1 2019, : : Ecological Research. 34, 1, p. 235-236 2 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    6 引用 (Scopus)
  • Construction of Nest Defensive Structure According to Offspring Value and Its Effect on Predator's Attack Decision in Paper Wasps

    Furuichi, S. & Kasuya, E., 6 1 2015, : : Ethology. 121, 6, p. 609-616 8 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle