Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1988 …2021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。
フィルター
コメント/討論

検索結果

  • 2012

    Development of EST-SSR markers of Ipomoea nil

    Ly, T., Fukuoka, H., Otaka, A., Hoshino, A., Iida, S., Nitasaka, E., Watanabe, N. & Kuboyama, T., 2012, In: Breeding Science. 62, 1, p. 99-104 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論査読

    6 被引用数 (Scopus)