• 63 引用
  • 4 h指数
1989 …2017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Fumiko Kojimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 63 引用
  • 4 h指数
  • 31 Article
  • 3 Book
  • 2 Conference contribution
  • 2 引用 (Scopus)

    Subtyping of Type 1 Diabetes as Classified by Anti-GAD Antibody, IgE Levels, and Tyrosine kinase 2 (TYK2) Promoter Variant in the Japanese

    Mine, K., Hirakawa, K., Kondo, S., Minami, M., Okada, A., Tsutsu, N., Yokogawa, Y., Hibio, Y., Kojima, F., Fujimoto, S., Kurisaki, H., Anzai, K., Yoshikai, Y. & Nagafuchi, S., 2017, (受理済み/印刷中) : : EBioMedicine. 23, p. 46-51 6 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 6 引用 (Scopus)

    わかる!身につく!病原体・感染・免疫〔第3版〕

    藤本秀士, 目野郁子 & 小島夫美子, 2017, 改訂3版 版 南山堂.

    研究成果: Book/ReportBook

    TYK2 Promoter Variant and Diabetes Mellitus in the Japanese

    Nagafuchi, S., Kamada-Hibio, Y., Hirakawa, K., Tsutsu, N., Minami, M., Okada, A., Kai, K., Teshima, M., Moroishi, A., Murakami, Y., Umeno, Y., Yokogawa, Y., Kogawa, K., Izumi, K., Anzai, K., Iwakiri, R., Hamaguchi, K., Sasaki, N., Nohara, S., Yoshida, E. および16人, Harada, M., Akashi, K., Yanase, T., Ono, J., Okeda, T., Fujimoto, R., Ihara, K., Hara, T., Kikuchi, Y., Iwase, M., Kitazono, T., Kojima, F., Kono, S., Kurisaki, H., Kondo, S. & Katsuta, H., 7 1 2015, : : EBioMedicine. 2, 7, p. 744-749 6 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 18 引用 (Scopus)

    内視鏡によりヒト体内から摘出されたAnisakis simplex幼虫の情報解析

    Kojima, F., Okada, A. & Fujimoto, S., 2015, : : Clinical Parasitology. 26, 1, p. 24-27

    研究成果: Contribution to journalArticle