• 66 引用
  • 4 h指数
20142020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Fumitaka Onoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 8 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 66 引用
  • 4 h指数
  • 9 Article

Inhibition of mite-induced dermatitis, pruritus, and nerve sprouting in mice by the endothelin receptor antagonist bosentan

Kido-Nakahara, M., Wang, B., Ono, F., Tsuji, G., Ulzii, D., Takemura, M., Furue, M. & Nakahara, T., 2020, (受理済み/印刷中) : : Allergy: European Journal of Allergy and Clinical Immunology.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • Intra-and inter-tumor braf heterogeneity in acral melanoma: An immunohistochemical analysis

    Ito, T., Kaku-Ito, Y., Murata, M., Ichiki, T., Kuma, Y., Tanaka, Y., Ide, T., Ohno, F., Wada-Ohno, M., Yamada, Y., Oda, Y. & Furue, M., 12 2 2019, : : International journal of molecular sciences. 20, 24, 6191.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • 4 引用 (Scopus)
  • 11 引用 (Scopus)

    Aryl hydrocarbon receptor activation restores filaggrin expression via OVOL1 in atopic dermatitis

    Tsuji, G., Hashimoto-Hachiya, A., Kiyomatsu-Oda, M., Takemura, M., Ohno, F., Ito, T., Morino-Koga, S., Mitoma, C., Nakahara, T., Uchi, H. & Furue, M., 7 13 2017, : : Cell death & disease. 8, 7, p. e2931

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 26 引用 (Scopus)