• 1278 引用
  • 15 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Go Nagamatsuが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1278 引用
  • 15 h指数
  • 26 記事
  • 2 評論記事
  • 1

Environmental factors for establishment of the dormant state in oocytes

Hayashi, K., Shimamoto, S. & Nagamatsu, G., 4 1 2020, : : Development Growth and Differentiation. 62, 3, p. 150-157 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Germ cell-intrinsic effects of sex chromosomes on early oocyte differentiation in mice

    Hamada, N., Hamazaki, N., Shimamoto, S., Hikabe, O., Nagamatsu, G., Takada, Y., Kato, K. & Hayashi, K., 3 2020, : : PLoS genetics. 16, 3, e1008676.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Generation of Nanog reporter mice that distinguish pluripotent stem cells from unipotent primordial germ cells

    Terada, M., Kawamata, M., Kimura, R., Sekiya, S., Nagamatsu, G., Hayashi, K., Horisawa, K. & Suzuki, A., 11 1 2019, : : Genesis. 57, 11-12, e23334.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Hypoxia induces the dormant state in oocytes through expression of Foxo3

    Shimamoto, S., Nishimura, Y., Nagamatsu, G., Hamada, N., Kita, H., Hikabe, O., Hamazaki, N. & Hayashi, K., 6 18 2019, : : Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 116, 25, p. 12321-12326 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)

    Lack of whey acidic protein (WAP) four-disulfide core domain protease inhibitor 2 (WFDC2) causes neonatal death from respiratory failure in mice

    Nakajima, K., Ono, M., Radovic, U. S., Dizdarevic, S., Tomizawa, S. I., Kuroha, K., Nagamatsu, G., Hoshi, I., Matsunaga, R., Shirakawa, T., Kurosawa, T., Miyazaki, Y., Seki, A., Suzuki, Y., Koseki, H., Nakamura, M., Suda, T. & Ohbo, K., 1 1 2019, : : DMM Disease Models and Mechanisms. 12, 11, dmm.040139.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開