• 550 引用
  • 11 h指数
19942019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hara Kenjiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Foreground enlargement of spherical images using a spring model

Yu, A. S., Hara, K., Inoue, K. & Urahama, K., 2 2019, : : IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2, p. 486-489 4 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Full-Reference Metric Adaptive Image Denoising

    Hara, K., Inoue, K. & Urahama, K., 9 2019, 2019 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2019 - Proceedings. IEEE Computer Society, p. 2419-2423 5 p. 8803231. (Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP; 巻数 2019-September).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • Classification between natural and graphics images based on generalized Gaussian distributions

    Morinaga, A., Hara, K., Inoue, K. & Urahama, K., 10 2018, : : Information Processing Letters. 138, p. 31-34 4 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)