• 1191 引用
  • 22 h指数
19972020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hirofumi Ichinoseが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1 引用 (Scopus)
  • Identification of the cytochrome P450 involved in the degradation of neonicotinoid insecticide acetamiprid in Phanerochaete chrysosporium

    Wang, J., Ohno, H., Ide, Y., Ichinose, H., Mori, T., Kawagishi, H. & Hirai, H., 6 5 2019, : : Journal of Hazardous Materials. 371, p. 494-498 5 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 2 引用 (Scopus)
  • Biochemical characterization of CYP505D6, a self-sufficient cytochrome P450 from the white-rot fungus Phanerochaete chrysosporium

    Sakai, K., Matsuzaki, F., Wise, L., Sakai, Y., Jindou, S., Ichinose, H., Takaya, N., Kato, M., Wariishi, H. & Shimizu, M., 11 1 2018, : : Applied and environmental microbiology. 84, 22, e01091-18.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 6 引用 (Scopus)