• 1761 引用
  • 23 h指数
19962020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hirohiko Iseが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1761 引用
  • 23 h指数
  • 56 記事
  • 2 コメント/討論
  • 2 評論記事

Multimeric conformation of type III intermediate filaments but not the filamentous conformation exhibits high affinity to lipid bilayers

Hwang, B. & Ise, H., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Genes to Cells.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Improved Isolation of Mesenchymal Stem Cells Based on Interactions between N -Acetylglucosamine-Bearing Polymers and Cell-Surface Vimentin

    Ise, H., Matsunaga, K., Shinohara, M. & Sakai, Y., 1 1 2019, : : Stem Cells International. 2019, 4341286.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Elucidation of GlcNAc-binding properties of type III intermediate filament proteins, using GlcNAc-bearing polymers

    Ise, H., Yamasaki, S., Sueyoshi, K. & Miura, Y., 2017, (受理済み/印刷中) : : Genes to Cells.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Elucidation of GlcNAc-binding properties of type III intermediate filament proteins, using GlcNAc-bearing polymers

    Ise, H., Yamasaki, S., Sueyoshi, K. & Miura, Y., 10 2017, : : Genes to Cells. 22, 10, p. 900-917 18 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Vimentin’s N-Acetylglucosamine-Binding Activity: Its Physiological Function

    Ise, H., 9 25 2017, : : Trends Glycosci. Glycotechnol.. 29, 169, p. E71-E79

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事