• 156 引用
  • 7 h指数
20022020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hisazumi Kenjiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

公開
  • SMArch: スマートモビリティのためのソフトウェアアーキテクチャ

    中西恒夫, 荒川豊, 安藤崇央, 石田繁巳, 金子邦彦, 田頭茂明, 久住憲嗣, 峯恒憲 & 福田晃, 3 10 2020, : : IEICE technical report. 119, 472, p. 13-18 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    SMArch: スマートモビリティのためのソフトウェアアーキテクチャ (ITS研究会 通信,計測,ITS関連一般)

    中西恒夫, 荒川豊, 安藤崇央, 石田繁巳, 金子邦彦, 田頭茂明, 久住憲嗣, 峯恒憲 & 福田晃, 3 10 2020, : : 電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会. 2020, 1, p. 13-18 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    Affordable Rideshare Service for Female Urban Corporates in Developing Countries: A Case Study in Dhaka, Bangladesh

    Abedin, N., Hisazumi, K. & Ahmed, A., 1 1 2019, HCI International 2019 – Late Breaking Posters - 21st HCI International Conference, HCII 2019, Proceedings. Stephanidis, C. & Antona, M. (版). Springer, p. 283-289 7 p. (Communications in Computer and Information Science; 巻数 1088).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

  • An Interdisciplinary and University PBL Curriculum Using Robot Challenge

    Kenji, H., Hosoai, S., Watanabe, H., Miwa, M., Ogura, N. & Motoki, M., 1 16 2019, Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering, TALE 2018. Lee, M. J. W., Nikolic, S., Wong, G. K. W., Shen, J., Ros, M., Lei, L. C. U. & Venkatarayalu, N. (版). Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc., p. 308-315 8 p. 8615301. (Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering, TALE 2018).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言