• 115 引用
  • 6 h指数
20072018

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント James Jacobus Cannonが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 115 引用
  • 6 h指数
  • 10 記事
  • 5 会議での発言

Molecular dynamics study on heat conduction in poly(3,4-ethylenedioxythiophene)

Maeno, S., Cannon, J. J., Shiga, T. & Shiomi, J., 10 1 2018, : : Japanese Journal of Applied Physics. 57, 10, 101601.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)

    Understanding decoupling mechanisms of liquid-mixture transport properties through regression analysis with structural perturbation

    Cannon, J. J., Kawaguchi, T., Kaneko, T., Fuse, T. & Shiomi, J., 2 1 2017, : : International Journal of Heat and Mass Transfer. 105, p. 12-17 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Thermally induced nonlinear vibration of single-walled carbon nanotubes

    Koh, H., Cannon, J. J., Shiga, T., Shiomi, J., Chiashi, S. & Maruyama, S., 7 27 2015, : : Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics. 92, 2, 024306.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 7 引用 (Scopus)

    Surface structure determines dynamic wetting

    Wang, J., Do-Quang, M., Cannon, J. J., Yue, F., Suzuki, Y., Amberg, G. & Shiomi, J., 2014, : : Scientific reports. 5, 8474.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 38 引用 (Scopus)

    Influence of ion size and charge on osmosis

    Cannon, J. J., Kim, D., Maruyama, S. & Shiomi, J., 4 12 2012, : : Journal of Physical Chemistry B. 116, 14, p. 4206-4211 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 14 引用 (Scopus)