Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Junichi Ikenouchiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2457 引用
  • 17 h指数
  • 25 記事
  • 4 評論記事
  • 2 コメント/討論

Coordinated changes in cell membrane and cytoplasm during maturation of apoptotic bleb

Aoki, K., Satoi, S., Harada, S., Uchida, S., Iwasa, Y. & Ikenouchi, J., 4 1 2020, : : Molecular biology of the cell. 31, 8, p. 833-844 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Cell Adhesion Structures in Epithelial Cells Are Formed in Dynamic and Cooperative Ways

    Shigetomi, K. & Ikenouchi, J., 7 2019, : : BioEssays. 41, 7, 1800227.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Adherens junctions influence tight junction formation via changes in membrane lipid composition

    Shigetomi, K., Ono, Y., Inai, T. & Ikenouchi, J., 7 2018, : : Journal of Cell Biology. 217, 7, p. 2373-2381 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 10 引用 (Scopus)

    Cell surface flip-flop of phosphatidylserine is critical for PIEZO1-mediated myotube formation

    Tsuchiya, M., Hara, Y., Okuda, M., Itoh, K., Nishioka, R., Shiomi, A., Nagao, K., Mori, M., Mori, Y., Ikenouchi, J., Suzuki, R., Tanaka, M., Ohwada, T., Aoki, J., Kanagawa, M., Toda, T., Nagata, Y., Matsuda, R., Takayama, Y., Tominaga, M. および1人, Umeda, M., 12 1 2018, : : Nature communications. 9, 1, 2049.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 22 引用 (Scopus)
  • 21 引用 (Scopus)