• 6 引用
  • 1 h指数
20172020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント kaoru umeharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 6 引用
  • 1 h指数
  • 2 記事
  • 1 コメント/討論

Incidence of postoperative shivering decreased with the use of acetaminophen: a propensity score matching analysis

Shirozu, K., Umehara, K., Ikeda, M., Kammura, Y. & Yamaura, K., 6 1 2020, : : Journal of Anesthesia. 34, 3, p. 383-389 7 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Serum 1,25-dihydroxyvitamin D level is inappropriate for use in prospective studies of cancer incidence ― Reply ―

    Umehara, K., Mukai, N., Kitazono, T., Hoka, S., Kiyohara, Y. & Ninomiya, T., 2018, : : Circulation Journal. 82, 8, 1 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

  • 6 引用 (Scopus)