• 721 引用
  • 15 h指数
1990 …2019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Katsuto Ueharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 721 引用
  • 15 h指数
  • 23 記事
  • 1 論文

A sea-level plateau preceding the Marine Isotope Stage 2 minima revealed by Australian sediments

Ishiwa, T., Yokoyama, Y., Okuno, J., Obrochta, S., Uehara, K., Ikehara, M. & Miyairi, Y., 12 1 2019, : : Scientific reports. 9, 1, 6449.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Tidal amplitude decreases in response to estuarine shrinkage: Tokyo Bay during the Holocene

    Uehara, K. & Saito, Y., 9 30 2019, : : Estuarine, Coastal and Shelf Science. 225, 106225.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    The role of megatides and relative sea level in controlling the deglaciation of the British–Irish and Fennoscandian ice sheets

    Scourse, J. D., Ward, S. L., Wainwright, A., Bradley, S. L. & Uehara, K., 2 1 2018, : : Journal of Quaternary Science. 33, 2, p. 139-149 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 3 引用 (Scopus)

    Process regime, salinity, morphological, and sedimentary trends along the fluvial to marine transition zone of the mixed-energy Mekong River delta, Vietnam

    Gugliotta, M., Saito, Y., Nguyen, V. L., Ta, T. K. O., Nakashima, R., Tamura, T., Uehara, K., Katsuki, K. & Yamamoto, S., 9 1 2017, : : Continental Shelf Research. 147, p. 7-26 20 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 33 引用 (Scopus)

    Sensitivity of palaeotidal models of the northwest European shelf seas to glacial isostatic adjustment since the Last Glacial Maximum

    Ward, S. L., Neill, S. P., Scourse, J. D., Bradley, S. L. & Uehara, K., 11 1 2016, : : Quaternary Science Reviews. 151, p. 198-211 14 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 20 引用 (Scopus)