• 376 引用
  • 10 h指数
19942019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazuhito Ohsawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 8 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 376 引用
  • 10 h指数
  • 26 Article
  • 4 Conference article
  • 1 Conference contribution

Stable structure of hydrogen atoms trapped in tungsten divacancy

Ohsawa, K., Toyama, T., Hatano, Y., Yamaguchi, M. & Watanabe, H., 12 15 2019, : : Journal of Nuclear Materials. 527, 151825.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 7 引用 (Scopus)

    Study of defects introduced by 2 and 9 MeV electron irradiation in B2 type Fe-Al alloy

    Ueno, Y., Iwase, A., Ohsawa, K., Qiu, X., Sato, K., Saitoh, Y. & Hori, F., 1 1 2016, Positron Annihilation - ICPA-17. Trans Tech Publications Ltd, 巻 373 DDF. p. 126-129 4 p.

    研究成果: Chapter in Book/Report/Conference proceedingConference contribution

  • Hydriding properties of uranium alloys for purposes of searching for new hydrogen storage materials

    Yamawaki, M., Yamamoto, T., Arita, Y., Nakamori, F., Ohsawa, K. & Konashi, K., 2 2 2015, : : Nuclear Science and Techniques. 26, 1, S10312.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 2 引用 (Scopus)

    Thermodynamics of hydrogen-induced superabundant vacancy in tungsten

    Ohsawa, K., Nakamori, F., Hatano, Y. & Yamaguchi, M., 3 2015, : : Journal of Nuclear Materials. 458, p. 187-197 11 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 15 引用 (Scopus)