• 402 引用
  • 13 h指数
20012019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazutoshi Okamuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 13 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 402 引用
  • 13 h指数
  • 37 記事
  • 5 会議での発言
  • 1 評論記事

Determination of optimum exposure parameters for dentoalveolar structures of the jaws using the CB MercuRay system with cluster signal-to-noise analysis

Weerawanich, W., Shimizu, M., Takeshita, Y., Okamura, K., Yoshida, S., Jasa, G. R. & Yoshiura, K., 9 13 2019, : : Oral Radiology. 35, 3, p. 260-271 12 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Evaluation of cone-beam computed tomography diagnostic image quality using cluster signal-to-noise analysis

    Weerawanich, W., Shimizu, M., Takeshita, Y., Okamura, K., Yoshida, S., Jasa, G. R. & Yoshiura, K., 1 22 2019, : : Oral Radiology. 35, 1, p. 59-67 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)

    The missing link in image quality assessment in digital dental radiography

    Okamura, K. & Yoshiura, K., 1 1 2019, : : Oral Radiology.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

  • Cluster signal-to-noise analysis for evaluation of the information content in an image

    Weerawanich, W., Shimizu, M., Takeshita, Y., Okamura, K., Yoshida, S. & Yoshiura, K., 1 1 2018, : : Dentomaxillofacial Radiology. 47, 1, 20170147.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)

    Development of virtual patient model for maxillofacial palpation training using Meshless method

    Tokuyasu, T., Maruyama, T., Yamamoto, T., Toshimitsu, K., Okamura, K. & Yoshiura, K., 1 1 2018, : : IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems. 138, 7, p. 899-905 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)