• 661 引用
  • 14 h指数
1993 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ken-Ichi Honjohが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 661 引用
  • 14 h指数
  • 97 Article
  • 2 Review article
  • 1 Meeting Abstract
  • 1 Comment/debate

Effect of epigallocatechin gallate on gene expression of Staphylococcus aureus

Kitichalermkiat, A., Katsuki, M., Sato, J., Sonoda, T., Masuda, Y., Honjoh, K. I. & Miyamoto, T., 9 2020, : : Journal of Global Antimicrobial Resistance. 22, p. 854-859 6 p.

研究成果: Contribution to journalArticle

公開
  • Effects of bacteriophage on inhibition and removal of mixed biofilm of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 and O91:H-

    Zhang, Y., Shigemura, K., Duc, H. M., Shen, C., Huang, H. H., Sato, J., Masuda, Y., Honjoh, K-I. & Miyamoto, T., 12 2020, : : LWT. 134, 109945.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 1 引用 (Scopus)

    Isolation and application of bacteriophages alone or in combination with nisin against planktonic and biofilm cells of Staphylococcus aureus

    Duc, H. M., Son, H. M., Ngan, P. H., Sato, J., Masuda, Y., Honjoh, K-I. & Miyamoto, T., 6 2020, : : Applied Microbiology and Biotechnology. 104, 11, p. 5145-5158 14 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle