• 6935 引用
  • 37 h指数
1988 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ken Matsuokaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Sucrose starvation induces the degradation of proteins in trans-Golgi network and secretory vesicle cluster in tobacco BY-2 cells

Oda, Y., Asatsuma, S., Nakasone, H. & Matsuoka, K., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Bioscience, Biotechnology and Biochemistry.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • Temperature effects on the photosynthesis by the medicinal plant pinellia ternata breit

    Eguchi, T., Tanaka, H., Moriuchi, D., Yoshida, S. & Matsuoka, K., 1 1 2020, : : Environmental Control in Biology. 58, 2, p. 49-50 2 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • Temperature effects on the yield and quality of the medicinal plant Pinellia ternata Breit

    Eguchi, T., Tanaka, H., Yoshida, S. & Matsuoka, K., 1 1 2019, : : Environmental Control in Biology. 57, 3, p. 83-85 3 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Using Photoconvertible and Extractable Fluorescent Proteins to Study Autophagy in Plants

    Abiodun, M. O. & Matsuoka, K., 1 1 2017, Methods in Enzymology. Academic Press Inc., p. 515-526 12 p. (Methods in Enzymology; 巻数 588).

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献