• 5672 引用
  • 40 h指数
1988 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ken Sakaiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 14 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

A dinuclear nickel catalyst based on metal–metal cooperation for electrochemical hydrogen production

Hamaguchi, T., Kai, K., Ando, I., Kawano, K., Yamauchi, K. & Sakai, K., 5 24 2020, : : Inorganica Chimica Acta. 505, 119498.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • A Molecular Cobalt Hydrogen Evolution Catalyst Showing High Activity and Outstanding Tolerance to CO and O2

    Wang, J. W., Yamauchi, K., Huang, H. H., Sun, J. K., Luo, Z. M., Zhong, D. C., Lu, T. B. & Sakai, K., 8 5 2019, : : Angewandte Chemie - International Edition. 58, 32, p. 10923-10927 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 9 引用 (Scopus)

    An earth-abundant system for light-driven CO2 reduction to CO using a pyridinophane iron catalyst

    Sakaguchi, Y., Call, A., Cibian, M., Yamauchi, K. & Sakai, K., 1 1 2019, : : Chemical Communications. 55, 59, p. 8552-8555 4 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 4 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)
  • 6 引用 (Scopus)