• 264 引用
  • 9 h指数
1990 …2017

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kenji Furuyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 264 引用
  • 9 h指数
  • 41 記事
  • 1 会議での発言

An approach for on-line analysis of multi-component volatiles from coal pyrolysis with Li+-attachment ionization mass spectrometry

Zhang, L., Qi, S. C., Iwanaga, K., Uemura, K., Zhang, L. X., Kudo, S., Hayashi, J. I., Furuya, K. & Norinaga, K., 1 1 2017, : : Fuel Processing Technology. 158, p. 141-145 5 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 1 引用 (Scopus)

    Level-energy-dependent mean velocities of excited tungsten atoms sputtered by krypton-ion bombardment

    Nogami, K., Sakai, Y., Mineta, S., Kato, D., Murakami, I., Sakaue, H. A., Kenmotsu, T., Furuya, K. & Motohashi, K., 11 1 2015, : : Journal of Vacuum Science and Technology A: Vacuum, Surfaces and Films. 33, 6, 061602.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)

    基幹教育課題協学科目

    古屋謙治, 大河内豊, 島田敬士, 田中岳, 野瀬健 & 山形伸二, 2015, : : 基幹教育紀要 = Bulletin of kikan education. 1, p. 63-69 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    Rapid decomposition of cellulose dissolved in ionic liquid using gas-liquid interface discharge

    Furukawa, S., Inoue, N., Ishioka, T., Furuya, K. & Harata, A., 7 1 2012, : : Japanese journal of applied physics. 51, 7 PART 1, 070205.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)