• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1991 …2020

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究の対象

High performance computing, CFD, Visualization

外部ポジション

RIKEN AICS, Advanced Visualization Research Team, RIKEN AICS

4 1 20123 31 2016

The University of Tokyo

4 1 20113 31 2015

RIKEN, RIKEN

4 1 20053 31 2011

The University of Tokyo, The University of Tokyo

5 1 20013 31 2005

フィンガープリント

Kenji Onoが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

ネットワーク

国レベルでの最近の外部協力。点をクリックして確認してください。
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。