小野 謙二

Professor, センター長

  • 744 Motooka, Nishi-ku, Research Institute for Information Technology

    819-0395 Fukuoka

    日本

  • 174 引用
  • 6 h指数
1991 …2020
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究成果 1991 2020

フィルター
会議での発言
会議での発言

Reliability of compressible flow/structure coupling method on Cartesian grid with signed distance field

Terashima, H. & Ono, K., 12 1 2007, 2007 Proceedings of the 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Summer Conference, FEDSM 2007. PART A 版 p. 219-228 10 p. (2007 Proceedings of the 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Summer Conference, FEDSM 2007; 巻数 1 SYMPOSIA, 番号 PART A).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

compressible flow
Compressible flow
Flow structure
grids
Flow fields

Scientific Workflow tailored for Capacity Computing of Product Design

Ono, K. & Kawanabe, T., 7 23 2018, The 13th World Congress in Computational Mechanics.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

Showing Ultra-High-Resolution Images in VDA-Based Scalable Displays

Kawanabe, T., Nonaka, J., Sakurai, D., Hatta, K., Okayama, S. & Ono, K., 10 6 2019, Cooperative Design, Visualization, and Engineering - 16th International Conference, CDVE 2019, Proceedings. Luo, Y. (版). Springer, p. 116-122 7 p. (Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics); 巻数 11792 LNCS).

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

Image resolution
Display
High Resolution
Display devices
Web browsers
1 引用 (Scopus)

Transonic aeroelastic computations of a delta wing configuration with high fidelity equations

Terashima, H. & Ono, K., 2009, Computational Fluid Dynamics 2006 - Proceedings of the Fourth International Conference on Computational Fluid Dynamics, ICCFD 2006. springer berlin, p. 843-848 6 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

タイルドディスプレイシステムChOWDERを利用したオンラインコラボレーション

Ono, K. & Kawanabe, T., 12 13 2018, AXIES年次大会口頭発表プログラム.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

ドーム型サイクロンセパレータ内の流れ構造に関する研究

Narita, A., Munekata, M., Yoshikawa, H., Ono, K. & Kitamura, G., 3 14 2017, 日本機械学会九州支部総会講演論文集. p. 175-176 2 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

計算効率とメモリ量を考慮した AMR データ構造の設計

Ono, K., 6 2018, 計算工学講演会論文集. 日本計算工学会, 巻 23. 3 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

時間並列計算法の最新研究成果と将来展望

Ono, K. & Iizuka, M., 6 2018, 計算工学講演会論文集. 日本計算工学会, 巻 23. 6 p.

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言

大規模並列可視化システムHIVEの流体計算への適用

Ono, K., Nonaka, J. & Kawanabe, T., 12 13 2016, 日本流体力学会. D09-3

研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献会議での発言