• 0 引用
  • 0 h指数
20202020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kiho Murogaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

研究成果

Work or housework? Mincer’s hypothesis and the labor supply elasticity of married women in Japan

Muroga, K., 4 1 2020, : : Japanese Economic Review. 71, 2, p. 303-347 45 p.

研究成果: Contribution to journalArticle