• 257 引用
  • 5 h指数
20092017

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kota Yanagitaniが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 257 引用
  • 5 h指数
  • 5 記事
  • 2 評論記事
  • 1

UBE2O is a quality control factor for orphans of multiprotein complexes

Yanagitani, K., Juszkiewicz, S. & Hegde, R. S., 8 4 2017, : : Science. 357, 6350, p. 472-475 4 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • 26 引用 (Scopus)

    Autonomous translational pausing is required for XBP1u mRNA recruitment to the ER via the SRP pathway

    Kanda, S., Yanagitani, K., Yokota, Y., Esaki, Y. & Kohno, K., 10 4 2016, : : Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 113, 40, p. E5886-E5895

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 15 引用 (Scopus)

    Nascent chain-mediated localization of mRNA on the endoplasmic reticulum as an important step of unfolded protein response

    Yanagitani, K. & Kohno, K., 4 1 2014, Regulatory Nascent Polypeptides. Springer Japan, p. 291-310 20 p.

    研究成果: 著書/レポートタイプへの貢献

  • 1 引用 (Scopus)

    The sophisticated mechanisms of the mRNA splicing on the endoplasmic reticulum

    Yanagitani, K. & Kohno, K., 12 1 2012, : : Seikagaku. 84, 4, p. 290-294 5 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

    Reconstitution and characterization of the unconventional splicing of XBP1u mRNA in vitro

    Shinya, S., Kadokura, H., Imagawa, Y., Inoue, M., Yanagitani, K. & Kohno, K., 7 1 2011, : : Nucleic acids research. 39, 12, p. 5245-5254 10 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

    公開
  • 11 引用 (Scopus)