• 93 引用
  • 4 h指数
20132016

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kozo Annoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 93 引用
  • 4 h指数
  • 5 Article

Family dysfunction A comparison of chronic widespread pain and chronic localized pain

Hayaki, C., Anno, K., Shibata, M., Iwaki, R., Kawata, H., Sudo, N. & Hosoi, M., 1 1 2016, : : Medicine (United States). 95, 49, p. e5495

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 4 引用 (Scopus)
  • 3 引用 (Scopus)
  • 15 引用 (Scopus)

    Alexithymia is associated with greater risk of chronic pain and negative affect and with lower life satisfaction in a general population: The Hisayama study

    Shibata, M., Ninomiya, T., Jensen, M. P., Anno, K., Yonemoto, K., Makino, S., Iwaki, R., Yamashiro, K., Yoshida, T., Imada, Y., Kubo, C., Kiyohara, Y., Sudo, N. & Hosoi, M., 3 12 2014, : : PloS one. 9, 3, e90984.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 51 引用 (Scopus)

    Alexithymia and chronic pain: The role of negative affectivity

    Makino, S., Jensen, M. P., Arimura, T., Obata, T., Anno, K., Iwaki, R., Kubo, C., Sudo, N. & Hosoi, M., 4 1 2013, : : Clinical Journal of Pain. 29, 4, p. 354-361 8 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 20 引用 (Scopus)