• 46 引用
  • 2 h指数
20102020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kunio Urakawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 46 引用
  • 2 h指数
  • 4 Article
  • 1 Review article

Empirical Analysis of Time Poverty and Health-Related Activities in Japan

Urakawa, K., Wang, W. & Alam, M., 1 1 2020, (受理済み/印刷中) : : Journal of Family and Economic Issues.

研究成果: Contribution to journalArticle

  • 30 引用 (Scopus)

    Neighbourhood satisfaction, self-rated health, and psychological attributes: A multilevel analysis in Japan

    Oshio, T. & Urakawa, K., 12 1 2012, : : Journal of Environmental Psychology. 32, 4, p. 410-417 8 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • 15 引用 (Scopus)

    Comparing marginal commodity tax reforms in Japan and Korea

    Urakawa, K. & Oshio, T., 12 1 2010, : : Journal of Asian Economics. 21, 6, p. 579-592 14 p.

    研究成果: Contribution to journalReview article

  • 1 引用 (Scopus)