• 1457 引用
  • 16 h指数
1988 …2015

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Makoto Kogaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

研究成果

  • 1457 引用
  • 16 h指数
  • 19 記事
  • 1 評論記事

The importance of cGMP signaling in sensory cilia for body size regulation in Caenorhabditis elegans

Fujiwara, M., Hino, T., Miyamoto, R., Inada, H., Mori, I., Koga, M., Miyahara, K., Ohshima, Y. & Ishihara, T., 1 1 2015, : : Genetics. 201, 4, p. 1497-1510 14 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 5 引用 (Scopus)

    Sensory ciliogenesis in Caenorhabditis elegans: Assignment of IFT components into distinct modules based on transport and phenotypic profiles

    Ou, G., Koga, M., Blacque, O. E., Murayama, T., Ohshima, Y., Schafer, J. C., Li, C., Yoder, B. K., Leroux, M. R. & Scholey, J. M., 5 1 2007, : : Molecular biology of the cell. 18, 5, p. 1554-1569 16 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 94 引用 (Scopus)

    SRC-1, a non-receptor type of protein tyrosine kinase, controls the direction of cell and growth cone migration in C. elegans

    Itoh, B., Hirose, T., Takata, N., Nishiwaki, K., Koga, M., Ohshima, Y. & Okada, M., 12 1 2005, : : Development. 132, 23, p. 5161-5172 12 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 24 引用 (Scopus)

    The dyf-3 gene encodes a novel protein required for sensory cilium formation in Caenorhabditis elegans

    Murayama, T., Toh, Y., Ohshima, Y. & Koga, M., 2 25 2005, : : Journal of Molecular Biology. 346, 3, p. 677-687 11 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 36 引用 (Scopus)
  • 26 引用 (Scopus)