Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

Fingerprint Masahiko Suenagaが取り組む研究トピックをご確認ください。これらのトピックラベルは、この人物の研究に基づいています。これらを共に使用することで、固有の認識が可能になります。

  • 1 同様のプロファイル
Fluorine Chemical Compounds
Macrocyclic Compounds Chemical Compounds
Acidity Chemical Compounds
Acridines Chemical Compounds
synthesis Physics & Astronomy
Lithium Chemical Compounds
Phenalenes Chemical Compounds
Intercalating Agents Chemical Compounds

ネットワーク 最近の共同研究。丸をクリックして詳細を確認しましょう。

研究成果 1982 2019

  • 430 引用
  • 11 h指数
  • 19 記事
  • 2 著書
  • 2 コメント/討論
Glycosylation
Stereoselectivity
Oligosaccharides
linkages
reactivity

A natural bond orbital analysis of aryl-substituted polyfluorinated carbanions: negative hyperconjugation

Suenaga, M., Nakata, K., Abboud, J. L. M. & Mishima, M., 1 1 2018, : : Journal of Physical Organic Chemistry. 31, 1, e3721.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

orbitals
Fluorine
Electrons
Acidity
Carbon

Negative hyperconjugation in acidity of polyfluorinated alkanes. A natural bond orbital analysis

Suenaga, M., Nakata, K., Abboud, J. L. M. & Mishima, M., 1 1 2017, : : Bulletin of the Chemical Society of Japan. 90, 3, p. 289-297 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Alkanes
Fluorine
Acidity
Atoms
Molecular orbitals
3 引用 (Scopus)

Gas-phase Acidities of 2-Aryl-2-chloro-1,1,1-trifluoroethanes and Related Compounds. Experimental and Computational Studies

Mishima, M., Abboud, J. L. M., Fujio, M., Suenaga, M., Koch, H. F. & Koch, J. G., 10 1 2016, : : Journal of Physical Organic Chemistry. 29, 10, p. 523-531 9 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Acidity
acidity
Gases
Fluorine
vapor phases

GAMESS版フラグメントMO法のためのGUIおよびPDBユーティリティの開発

Suenaga, M., 2014, : : CICSJ Bulletin. 32, 1, p. 13-21

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事