• 604 引用
  • 12 h指数
20072017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masakazu Fujiiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 604 引用
  • 12 h指数
  • 12 記事
  • 2 評論記事
  • 1 レター

Redox regulation of the actin cytoskeleton and its role in the vascular system

Xu, Q., Huff, L. P., Fujii, M. & Griendling, K. K., 8 2017, : : Free Radical Biology and Medicine. 109, p. 84-107 24 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

  • 18 引用 (Scopus)

    Polymerase delta-interacting protein 2 regulates collagen accumulation via activation of the Akt/mTOR pathway in vascular smooth muscle cells

    Fujii, M., Amanso, A., Abrahão, T. B., Lassègue, B. & Griendling, K. K., 3 1 2016, : : Journal of Molecular and Cellular Cardiology. 92, p. 21-29 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 8 引用 (Scopus)

    Maternal high-fat diet induces insulin resistance and deterioration of pancreatic β-cell function in adult offspring with sex differences in mice

    Yokomizo, H., Inoguchi, T., Sonoda, N., Sakaki, Y., Maeda, Y., Inoue, T., Hirata, E., Takei, R., Ikeda, N., Fujii, M., Fukuda, K., Sasaki, H. & Takayanagi, R., 5 15 2014, : : American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolism. 306, 10, p. E1163-E1175

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 56 引用 (Scopus)

    Targeting obesity, insulin resistance and Type 2 diabetes with immunotherapy: The challenges ahead

    Fujii, M., Sonoda, N., Takayanagi, R. & Inoguchi, T., 1 2014, : : Immunotherapy. 6, 1, p. 5-7 3 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿評論記事

    1 引用 (Scopus)

    CTLA-4Ig immunotherapy of obesity-induced insulin resistance by manipulation of macrophage polarization in adipose tissues

    Fujii, M., Inoguchi, T., Batchuluun, B., Sugiyama, N., Kobayashi, K., Sonoda, N. & Takayanagi, R., 8 16 2013, : : Biochemical and Biophysical Research Communications. 438, 1, p. 103-109 7 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 22 引用 (Scopus)