Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaki Ariokaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 181 引用
  • 8 h指数
  • 22 記事
  • 2 コメント/討論
  • 1 評論記事

Effects of condensation and compressive strain on implant primary stability a longitudinal, in vivo, multiscale study in mice

Li, Z., Arioka, M., Liu, Y., Aghvami, M., Tulu, S., Brunski, J. B. & Helms, J. A., 1 1 2020, : : Bone and Joint Research. 9, 2, p. 60-70 11 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
  • Masqueraders of angioedema after a dental procedure

    Lee, I. T., Arioka, M., Kleinman, S. H. & Gernez, Y., 6 2020, : : Annals of Allergy, Asthma and Immunology. 124, 6, p. 536-541 6 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿コメント/討論

    2,5-Dimethylcelecoxib prevents isoprenaline-induced cardiomyocyte hypertrophy and cardiac fibroblast activation by inhibiting Akt-mediated GSK-3 phosphorylation

    Morishige, S., Takahashi-Yanaga, F., Ishikane, S., Arioka, M., Igawa, K., Kuroo, A., Tomooka, K., Shiose, A. & Sasaguri, T., 10 2019, : : Biochemical Pharmacology. 168, p. 82-90 9 p.

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 2 引用 (Scopus)

    A Novel Osteotomy Preparation Technique to Preserve Implant Site Viability and Enhance Osteogenesis

    Chen, C-H., Coyac, B. R., Arioka, M., Leahy, B., Tulu, U. S., Aghvami, M., Holst, S., Hoffmann, W., Quarry, A., Bahat, O., Salmon, B., Brunski, J. B. & Helms, J. A., 2 1 2019, : : Journal of Clinical Medicine. 8, 2

    研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

  • 公開