Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

Fingerprint Masaki Tanakaが取り組む研究トピックをご確認ください。これらのトピックラベルは、この人物の研究に基づいています。これらを共に使用することで、固有の認識が可能になります。

  • 10 同様のプロファイル
Crack tips Engineering & Materials Science
crack tips Physics & Astronomy
Silicon Chemical Compounds
Dislocations (crystals) Engineering & Materials Science
Fracture toughness Engineering & Materials Science
Superconducting transition temperature Engineering & Materials Science
Cracks Engineering & Materials Science
cracks Physics & Astronomy

ネットワーク 最近の共同研究。丸をクリックして詳細を確認しましょう。

研究成果 2001 2019

Change in slip mode with temperature in Ti0.49mass%O

Tanaka, M., Hayashi, Y., Okuyama, Y., Morikawa, T. & Higashida, K., 1 1 2019, : : Materials Transactions. 60, 1, p. 80-85 6 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

公開
slip
temperature dependence
Temperature
temperature
activation
1 引用 (Scopus)

伸線パーライト鋼におけるデラミネーション発生メカニズム

田中將己, 真鍋敏之, 森川龍哉 & 東田賢二, 2019, : : Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan. 105, 2, p. 155-162 8 p.

研究成果: ジャーナルへの寄稿記事

Steel
Delamination
cementite
steels
wire
plastic properties
Plasticity
Crystals
spacing
Finite element method

<i>α</i>-チタン合金おける降伏応力および疲労き裂伝ぱ速度の温度依存性

田中將己, 林幸宏, 奥山彫夢 & 森川龍哉, 2018, : : 日本機械学会九州支部講演論文集. 2018, 0, p. D35

研究成果: ジャーナルへの寄稿Conference article

EBSD-FEMデータ変換インターフェースの構築とそれを用いたイメージベース結晶塑性解析

河野義樹, 大橋鉄也, 眞山剛, 田中將己, 坂本盛敬, 奥山彫夢 & 佐藤満弘, 2018, : : 日本機械学会論文集. 84, 860, p. 17-00559-17-00559

研究成果: ジャーナルへの寄稿Conference article

plastic properties
diffraction
crystals
electrons
microstructure