• 935 引用
  • 18 h指数
20012020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaki Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 11 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • Application of atmospheric-pressure plasma treatment to coat Ti-alloy orthodontic wire with white oxide layer

    Mitsuishi, N., Miura-Fujiwara, E., Yamada, M., Chiba, T., Sato, H., Watanabe, Y., Ito, M., Takashima, S., Nakai, M., Akahori, T., Tanaka, M., Niinomi, M. & Takeuchi, T., 1 1 2020, : : Japanese Journal of Applied Physics. 59, SA, SAAC09.

    研究成果: Contribution to journalArticle

  • Modelling and crystal plasticity analysis for the mechanical response of alloys with non-uniformly distributed secondary particles

    Okuyama, Y., Tanaka, M., Ohashi, T. & Morikawa, T., 8 15 2020, : : isij international. 60, 8, p. 1819-1828 10 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • Change in slip mode with temperature in Ti0.49mass%O

    Tanaka, M., Hayashi, Y., Okuyama, Y., Morikawa, T. & Higashida, K., 2019, : : Materials Transactions. 60, 1, p. 80-85 6 p.

    研究成果: Contribution to journalArticle

    公開
  • 2 引用 (Scopus)